【 妊娠中期の方へ 】妊娠線対策パーフェクトセット <天使のたまごボディクリーム & RICHMATERNITY (リッチマタニティ)>

天使のたまごボディクリームと
鉄分補給&腸内フローラを整えるサプリRICH MATERNITYのお得な10%OFFセット。

妊娠中期からは、マタニティケアライン(妊娠線)ができやすくなる期間です。
その予防のためにも鉄分補給が大切です。鉄分はコラーゲン生成に深く関わっていることから、鉄分不足はコラーゲン不足につながり、妊娠線ができやすくなってしまいます(真皮層の脆弱化)。

天使のたまごボディクリーム

マタニティライン専用のボディクリームとして、15年以上のロングセラー商品。産婦人科医院でもお取り扱いいただいています。
マタニティラインをケアする際に、一番大切なのは保湿です。
天使のたまご ボディクリームは、美容皮膚科医が自身の妊娠経験から考案したドクターズコスメ。マタニティラインができるメカニズムを徹底的に研究し、保湿成分や美容成分を贅沢に配合した、開発者が「自分のために使いたい」1本です。ベビーを育む大切なお腹のお肌をしっとりやわらかにし、マタニティラインができにくい状態に。天使のたまごブランドの顔ともいえる実力派クリームです。

翌日まで続くお肌の潤い、美容成分85%以上の超高保湿クリーム

開発者自らが「自分のために使いたい」
マタニティラインケア専用クリームです。

保湿といっても、お肌の表面を潤すだけではマタニティラインをケアすることは出来ません。マタニティラインはお肌の奥の真皮の細胞が裂けることで出来てしまうことから、皮膚生理学に基づいた正しいお手入れがポイントになります。
天使のたまごボディクリームは美容皮膚科医による処方設計で、お肌の奥まで届くシラノール誘導体を贅沢に配合。お肌の奥までしっかり浸透して、お肌にハリや弾力を与え、翌日まで続く高保湿力を可能にしました。妊娠中だけでなく、産後のできてしまったマタニティラインもサポートします。
また、肌の薄い乾燥しがちなベビーのお肌にも安心して使用できるので、ママとベビーが一緒に使えます。

ボディクリームのこだわり

無香料、無着色剤、無鉱物油、アルコールフリー。
お肌が薄くて敏感な赤ちゃんにも使える低刺激処方。

一度できてしまったら消えないマタニティライン。
「ママになっても綺麗でいたい!」を叶えるために徹底的に開発した美容成分を贅沢に配合。乾燥が気になる季節も、しっとり“痒み”知らずでお過ごしください。
 

デリケートな妊婦さんのためのクリームだから無香料・低刺激


妊娠中は、ホルモンの影響などでお肌が敏感に傾きがち。また、香りの好みが変わり、ちょっとした香料を不快に感じる妊婦さんも多いものです。天使のたまご ボディクリームは無香料。さらに、アルコールや着色剤、鉱物油などはいっさい使用していないため、お肌への負担も最大限抑えています。

 

医師や助産師も推奨!産婦人科病院でも導入。


のびが良くベタつき感のない低刺激処方クリームは、乾燥しがちな赤ちゃんのお肌ケアとして医療機関でも導入されています。
また、伊勢丹や高島屋などのマタニティコーナーでもお取扱いいただき、セレブママたちからも絶大な人気を誇っています。
ボディクリームの使い方

朝塗れば夜まで続く保湿力。1日2回朝と晩にご使用ください。
最後まで使い切れるインナーバックポンプを採用。片手で使いやすく伸びも良くべたつきません。マッサージの必要もありませんので塗るだけでOK。
 ※無香料なのでつわりの方でも安心してお使いいただけます。
 ※着色剤、無鉱物油、アルコールフリーの低刺激処方。


クリームは、どれくらい塗ったらいいの?
クリームを塗ったあと、ティッシュがお肌に軽く付くくらいがベストです!個人差がありますが、お腹の目立ち始める4~5か月目頃から使い始めて2~4本でしっかりケアができるでしょう。もちろん、出産後の体型戻しにもOK!

 天使のたまごボディクリーム紹介動画

『ぜったい妊娠線をつくりたくない!正しい妊娠線予防術とは・・』

 

RICH MATERNITY

妊娠13週目から授乳中の方におすすめです。

こちらのサプリとRICH FERTILITYとの違いは、妊娠13週目~授乳中までに必要な栄養素が配合されている腸内フローラを整えることに主きをおいています。


RICH MATERNITYのポイント

  • 大腸まで届くビフィズス菌を25億個配合
  • カルシウム:マグネシウムを2:1の理想的な割合で配合
  • 母乳育児ママに嬉しいビタミンDを配合
  • この時期に本当に必要な栄養素のみを配合
  • 日本国内のGMP認定工場で製造
  • 産婦人科医との共同開発
RICHMARERNITYのこだわり

妊娠中と産後のママの体と心を支え、ベビーが健康に育つためのママの体の環境をつくる目的で設計した産婦人科医監修のサプリメント。 妊婦さんやお腹のベビーにとって必要な栄養素は妊娠周期により変わります。

キャリネスでは必要な時期に必要な栄養素のみをしっかりと摂取できるようシンプルにし、2種類のサプリメントを作りました。
RICH MATERNITYにはビフィズス菌・カルシウム・マグネシウム・へム鉄・ビタミンDを中心に配合しています。

腸内フローラは免疫力を高めアレルギー予防に

妊娠中期からは、ベビーの健康な体を作るための栄養補給とママの健康な体を作ることが大切です。 お腹の中にいる時のベビーは無菌状態なので、出産時ママの産道や医療従事者から菌をもらい、赤ちゃんの腸内フローラが作られます。ベビーはママからビフィズス菌をもらうことからママと一緒のビフィズス菌を持つので、良い腸内フローラでいることは善玉菌であるビフィズス菌がとっても大切。腸内フローラが良いと、免疫力が高まりアレルギー予防にもなります。

黄金の配合バランス

RICH MATERNITYは胃酸や酵素に強く生きて大腸に届くビフィズス菌を25億個配合。 また、妊娠中期から後期にかけてはベビーの体が急激に大きくなる時期です。
お腹の中でベビーが健康な体に育つよう、 カルシウム・マグネシウム・亜鉛・葉酸を配合。 ママが元気に過ごせるよう、カルシウム・マグネシウム・ヘム鉄・ビタミンD・亜鉛を配合。 母乳育児に大切な、ビタミンを配合。

おすすめな飲み方

特に母乳育児をしているママにおすすめです。
1日4粒、朝食後と夕食後に2粒ずつお飲みいただくのがおすすめですが、薬ではありませんので、決まった時間に飲まなくても大丈夫です。飲むことがストレスにならないよう、飲める時にお飲みください。ママが無理なく続けることが何よりも大切です。

紹介インスタLIVE
『産婦人科医に聞く!妊活~妊娠中・授乳中のサプリメントについて』

監修産婦人科医からのコメント

竹内正人(顧問相談役)  産婦人科医/医学博士

たくさんのお産に携わりながら、より優しい「うまれる」「いきる」を3世代/100年先につなごうと、地域、国、医療の枠をこえて、さまざまな取り組みを展開。著書、監修書多数。

【履歴】  日本医科大学/米国ロマリンダ大学/日本医科大学大学院 葛飾赤十字産院(産科部長)/櫻川介護老人保健施設(施設長)東峯婦人クリニック(副院長)/フリー

【 妊娠中期の方へ 】妊娠線対策パーフェクトセット <天使のたまごボディクリーム & RICHMATERNITY (リッチマタニティ)>

セール価格11,286円

ギフトオプション

  • のしが必要の場合はのしの種類を選択してください

※ お届け日の目安:3~4日後
※ 年末年始や夏季休業の場合は、上記よりお日にちを頂く場合がございます。

天使のたまごボディクリームと
鉄分補給&腸内フローラを整えるサプリRICH MATERNITYのお得な10%OFFセット。

妊娠中期からは、マタニティケアライン(妊娠線)ができやすくなる期間です。
その予防のためにも鉄分補給が大切です。鉄分はコラーゲン生成に深く関わっていることから、鉄分不足はコラーゲン不足につながり、妊娠線ができやすくなってしまいます(真皮層の脆弱化)。

天使のたまごボディクリーム

マタニティライン専用のボディクリームとして、15年以上のロングセラー商品。産婦人科医院でもお取り扱いいただいています。
マタニティラインをケアする際に、一番大切なのは保湿です。
天使のたまご ボディクリームは、美容皮膚科医が自身の妊娠経験から考案したドクターズコスメ。マタニティラインができるメカニズムを徹底的に研究し、保湿成分や美容成分を贅沢に配合した、開発者が「自分のために使いたい」1本です。ベビーを育む大切なお腹のお肌をしっとりやわらかにし、マタニティラインができにくい状態に。天使のたまごブランドの顔ともいえる実力派クリームです。

翌日まで続くお肌の潤い、美容成分85%以上の超高保湿クリーム

開発者自らが「自分のために使いたい」
マタニティラインケア専用クリームです。

保湿といっても、お肌の表面を潤すだけではマタニティラインをケアすることは出来ません。マタニティラインはお肌の奥の真皮の細胞が裂けることで出来てしまうことから、皮膚生理学に基づいた正しいお手入れがポイントになります。
天使のたまごボディクリームは美容皮膚科医による処方設計で、お肌の奥まで届くシラノール誘導体を贅沢に配合。お肌の奥までしっかり浸透して、お肌にハリや弾力を与え、翌日まで続く高保湿力を可能にしました。妊娠中だけでなく、産後のできてしまったマタニティラインもサポートします。
また、肌の薄い乾燥しがちなベビーのお肌にも安心して使用できるので、ママとベビーが一緒に使えます。

ボディクリームのこだわり

無香料、無着色剤、無鉱物油、アルコールフリー。
お肌が薄くて敏感な赤ちゃんにも使える低刺激処方。

一度できてしまったら消えないマタニティライン。
「ママになっても綺麗でいたい!」を叶えるために徹底的に開発した美容成分を贅沢に配合。乾燥が気になる季節も、しっとり“痒み”知らずでお過ごしください。
 

デリケートな妊婦さんのためのクリームだから無香料・低刺激


妊娠中は、ホルモンの影響などでお肌が敏感に傾きがち。また、香りの好みが変わり、ちょっとした香料を不快に感じる妊婦さんも多いものです。天使のたまご ボディクリームは無香料。さらに、アルコールや着色剤、鉱物油などはいっさい使用していないため、お肌への負担も最大限抑えています。

 

医師や助産師も推奨!産婦人科病院でも導入。


のびが良くベタつき感のない低刺激処方クリームは、乾燥しがちな赤ちゃんのお肌ケアとして医療機関でも導入されています。
また、伊勢丹や高島屋などのマタニティコーナーでもお取扱いいただき、セレブママたちからも絶大な人気を誇っています。
ボディクリームの使い方

朝塗れば夜まで続く保湿力。1日2回朝と晩にご使用ください。
最後まで使い切れるインナーバックポンプを採用。片手で使いやすく伸びも良くべたつきません。マッサージの必要もありませんので塗るだけでOK。
 ※無香料なのでつわりの方でも安心してお使いいただけます。
 ※着色剤、無鉱物油、アルコールフリーの低刺激処方。


クリームは、どれくらい塗ったらいいの?
クリームを塗ったあと、ティッシュがお肌に軽く付くくらいがベストです!個人差がありますが、お腹の目立ち始める4~5か月目頃から使い始めて2~4本でしっかりケアができるでしょう。もちろん、出産後の体型戻しにもOK!

 天使のたまごボディクリーム紹介動画

『ぜったい妊娠線をつくりたくない!正しい妊娠線予防術とは・・』

 

RICH MATERNITY

妊娠13週目から授乳中の方におすすめです。

こちらのサプリとRICH FERTILITYとの違いは、妊娠13週目~授乳中までに必要な栄養素が配合されている腸内フローラを整えることに主きをおいています。


RICH MATERNITYのポイント

  • 大腸まで届くビフィズス菌を25億個配合
  • カルシウム:マグネシウムを2:1の理想的な割合で配合
  • 母乳育児ママに嬉しいビタミンDを配合
  • この時期に本当に必要な栄養素のみを配合
  • 日本国内のGMP認定工場で製造
  • 産婦人科医との共同開発
RICHMARERNITYのこだわり

妊娠中と産後のママの体と心を支え、ベビーが健康に育つためのママの体の環境をつくる目的で設計した産婦人科医監修のサプリメント。 妊婦さんやお腹のベビーにとって必要な栄養素は妊娠周期により変わります。

キャリネスでは必要な時期に必要な栄養素のみをしっかりと摂取できるようシンプルにし、2種類のサプリメントを作りました。
RICH MATERNITYにはビフィズス菌・カルシウム・マグネシウム・へム鉄・ビタミンDを中心に配合しています。

腸内フローラは免疫力を高めアレルギー予防に

妊娠中期からは、ベビーの健康な体を作るための栄養補給とママの健康な体を作ることが大切です。 お腹の中にいる時のベビーは無菌状態なので、出産時ママの産道や医療従事者から菌をもらい、赤ちゃんの腸内フローラが作られます。ベビーはママからビフィズス菌をもらうことからママと一緒のビフィズス菌を持つので、良い腸内フローラでいることは善玉菌であるビフィズス菌がとっても大切。腸内フローラが良いと、免疫力が高まりアレルギー予防にもなります。

黄金の配合バランス

RICH MATERNITYは胃酸や酵素に強く生きて大腸に届くビフィズス菌を25億個配合。 また、妊娠中期から後期にかけてはベビーの体が急激に大きくなる時期です。
お腹の中でベビーが健康な体に育つよう、 カルシウム・マグネシウム・亜鉛・葉酸を配合。 ママが元気に過ごせるよう、カルシウム・マグネシウム・ヘム鉄・ビタミンD・亜鉛を配合。 母乳育児に大切な、ビタミンを配合。

おすすめな飲み方

特に母乳育児をしているママにおすすめです。
1日4粒、朝食後と夕食後に2粒ずつお飲みいただくのがおすすめですが、薬ではありませんので、決まった時間に飲まなくても大丈夫です。飲むことがストレスにならないよう、飲める時にお飲みください。ママが無理なく続けることが何よりも大切です。

紹介インスタLIVE
『産婦人科医に聞く!妊活~妊娠中・授乳中のサプリメントについて』

監修産婦人科医からのコメント

竹内正人(顧問相談役)  産婦人科医/医学博士

たくさんのお産に携わりながら、より優しい「うまれる」「いきる」を3世代/100年先につなごうと、地域、国、医療の枠をこえて、さまざまな取り組みを展開。著書、監修書多数。

【履歴】  日本医科大学/米国ロマリンダ大学/日本医科大学大学院 葛飾赤十字産院(産科部長)/櫻川介護老人保健施設(施設長)東峯婦人クリニック(副院長)/フリー